自分がなかった私が医学部生活で挫折したこと

こんにちは。スミンです。

かつて自分がなく依存体質だった私は周りから言われる言葉1つ1つにかなり敏感でした。

そして、当然ですが医学部には色々な人がいます。

私が直面したこと。それは大きく分けて2つあります♪

1:実習

私は大学に入学してから勉強のやる気は燃え尽きていたため、学力面でかなり劣っていました。

そのため実習で

毎日「無能」と言われました。「何にもできない、何をしたらいいのかもわかっていない」と言われ続けていました。。

しかもあろうことか「私がいかに無能であるか」が私と面識もない人たちにも知れ渡っていました。(ちなみに班員が毎日私の無能ぶりに怒っていたそうです。ごめんなさい笑)

2:部活

男の先輩からは

「2浪とかクズ」

「どうせ受けても試験落ちるだろ」

容姿が悪いため

「もっと化粧くらいしろ」「服ダサいぞ」「そんなんだから彼氏できないんだぞ」など。

年上の方だったので「はい」と聞いてはいましたが、結局耐えられなかったです。笑

あと嫌われてはいけないという気持ちからそれでも愛想よく振舞っていました…。男の先輩って怖いイメージもありました。

今となっては全く気にする必要すらなかったと思っています。

もちろん周りの友達は「気にする必要はない」って言われていたのですが、正直大学に入学するまではこんなこと言われたことさえなかったので、頭がぐるぐるしてしまいました。

実習はなんとか耐えられましたが(耐えるしかないです)、部活は耐えきれず退部しました。

『しっかりとした自分を持て!そうすれば人の言葉に一喜一憂することなんかなくなる!!』

本当にこれです!

人の基準とかに惑わされる必要ないです。笑

社会的に違反しているとかはもちろんアウトですけど、それ以外のことは自分の基準を大事にして欲しいなと思いました!

だいたい人の言葉に敏感な人は「自分がない人」が多いのです。

なので人からの言葉、評価で傷ついたりしてしまうんですよね。。

あとこれは周りから言われて思ったことですが「自分がない人」っていうのは存外な言葉をかけてもこいつは怒ってこないから大丈夫だと思われやすいですね。

「スミンは優しいから言い返してこないから何言っても大丈夫だと思っていると思う」ってよく言われていましたから。。

いえ、この言葉も結構悲しくなったりしていました。。笑

自分を持つようになった今となってはこんなこと言われたぐらいでなーーんにも傷つかなくなりました♪

とにかく依存体質から脱却できてよかったです❤️

あと自分のことを貶してくる人とは関わらないようにするのが健全です♪

自分の気分が下がってしまいますので!

まとめ

:自分を持て!!

:人の基準を取り入れる必要はない!!

:自分を貶してくる人とは関わらないようにする!!

自分の身は自分で守りましょう♪

ちなみに私は相当なストレスになったため引きこもり生活になったことがあります!

そして今医学部生活でつまづいている子が読んでくれたら嬉しいな❤️

私は小学校から高校、そして2年間の予備校生活をかけて医学部に入学しましたが入学後大学生活に適応障害を抱えたり、勉強に対して燃え尽きてしまい、孤立してしまいました。成績もいつも最下位でうつ病でした。口癖は「死にたい」「つらい」の二言だけ。

すっかりネットに浸かっていたのですがそこから先生との出会いがあってネットビジネスの世界に入り、今では鬱も軽くなり人生が明るくなりました♪

そして私が学んでいるネットビジネス、【ブログメルマガアフィリエイト】はPC1台で取り組むことができネットでお金を稼ぐスキルを身に付けることができます!

ぜひメルマガ登録を♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です