重症の医者コンプレックス

こんにちは!スミンです( ・∇・)

私は実は【重症の医者コンプレックス】があったんです♪

 

医学生なのになんで?!

 

って思われるかもしれないんですけど。。

 

ちなみに医学生になったことでますます医者コンプレックスは強くなっていきました!

1 離婚した父親が医師であること。

私が4歳の時に両親が離婚しているのですが、父親は医師なんです。

 

離婚の理由は父親のDVが主な原因。あと医師なのに!!あんまり勤務が長続きしなくて収入が不安定だったんです!(医師なのに…収入が不安定…うん。)

 

母親は当時は誰もが知る大企業で事務をしていたのでその収入をあてにする始末。

 

ですが、私が生まれてからは母親は会社は退社。それでもDVと病院をコロコロしていて収入が不安定だったことがあって離婚しました。

 

ちなみに父親はストーカー気質だったため、実家に帰ることもできずに母子寮で暮らすこととなりました。(離婚も裁判離婚!笑)

 

私は父親とは一回だけ会ったことがあります。(高校生の時に母親には内緒で、連絡先をふるい年賀状から調べだして!笑)

 

それは好奇心からですが、まぁ会った感想は離婚を選んでくれた母親に感謝としか言えませんでした。

 

 

「こんな医師もいるのですね。」としか、いやその前に「人」としての問題がありました。。(一応医師として働いているようですが。)

ですが、医学部に入学すると医師家庭の大学生がたくさんいます。

そしてみんな楽しそう。

いったい我が家は…?

これがコンプレックスとなってしまいました。。

2 医学部生活で孤独で鬱 

2浪もして医学部に入学したはいいものの、医学部ではびっくりするくらい友達ができませんでした。

 

もともと高校は進学校だったのですが、仲良い友達たちはいたって普通の大学に進学しています。

 

浪人時代の友達も仲よかった子は私立の医学部へ。私も2浪したものの、国立には合格するなんて夢の夢といった感じだったのです。。

 

そして、浪人中は「国立の医学部に合格する人たちは別格的なんだろうな〜でもなんだか怖そう」とか思っていました。笑

 

 

ちなみに私立の医学部の友人は「部活で国立の医学生とも交流あるけど、少し性格きつめな感じがしてる、スミン頑張って」と言われたこともありました。

 

 

そんなこともあって「やっぱり私は国立の医学部みたいな高学歴の人とは仲良くなれないんだな…」なんていう発想へいってしまいました。

 

 

あ〜医師の世界では絶対に生きていけないわ。。

この生活はずっと続くのね〜(泣)って感じでしたね。

精神的にきたしてしまったので「医師になるのはお金のため!、もうこれしかない!!」とか叫んでましたね。。。

 

 

なのに不動産という【資産収入】の方がお金にはなってしまうこともわかってきてしまい…

『私が医学部にいる意味とは?』ってなってしまいました。。

(この辺りからコンプレックスを超えて「自分迷子」になってしまったのですが。。)

 

結果

1と2が相まり、強烈な医者コンプレックスになりました。

 

3 ネットビシネスのコミュニティに参加したことで心が変わった

ネットビジネスのコミュニティに参加したことで「自立マインド」を身につけられつつあり、コンプレックスは急速に無くなりつつあります♪(たまにまだ過去の自分と戦っています。。)

 

 

ネットビジネスってもちろん仕組み化して【資産収入】を得るためにやるのですが、そのマインドっていうのは現実社会でも役に立つことが多くて助かっています。

 

 

それと視野が狭かった私に新しいコミュニティとの出会いはとても刺激になりました!

また同じ悩みを過去に抱えていた人との出会いもあり、自分だけが悩んでいるわけではなかったとしれた。

本当に勇気を持って参加してよかったです。

参加していなかったらまだ同じところで【コンプレックス】という見えない自分と戦っていたのでしょうね。。

 

 

 

 

 

私は小学校から高校、そして2年間の予備校生活をかけて医学部に入学しましたが入学後大学生活に適応障害を抱えたり、勉強に対して燃え尽きてしまい、孤立してしまいました。成績もいつも最下位でうつ病でした。口癖は「死にたい」「つらい」の二言だけ。

すっかりネットに浸かっていたのですがそこから先生との出会いがあってネットビジネスの世界に入り、今では鬱も軽くなり人生が明るくなりました♪

そして私が学んでいるネットビジネス、【ブログメルマガアフィリエイト】はPC1台で取り組むことができネットでお金を稼ぐスキルを身に付けることができます!

ぜひメルマガ登録を♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です